月別アーカイブ

2014.02.22 おしゃれなカフェで相談会

今日はこんなオシャレなカフェをお借りして個別相談会を開催させて頂きました。

ランチは「たっぷり野菜のポテト包みマヨネーズ焼き」を頂きました。

こだわりの自然素材をふんだんに使った料理でとても美味しかったです^^

JR八尾駅近くの「こころ塾」と言うちょっと変わった名前のカフェとケーキのお店です。

こちらでは2回目の個別相談会でしたが、今回は3組のお客様の相談に乗らせて頂きました。

ご参加頂いた方有難うございました。

今回も個別相談会に場所を貸していただき有難うございました。

「こころ塾」お店のご案内

住所:八尾市陽光園2-6-33

TEL:072-945-1357

2014.02.16 資金計画でいくつかの選択がある場合

住まいづくりを考えるにあたって、いくつかの選択肢がある場合は、

どのように資金計画を考えていくべきでしょうか?

今回の相談者は、

①現在お住まいの家を建替え(土地の所有者は親)

②実家の家を2世帯住宅に建て替える

③実家の近くの土地を購入し、新築を建てる

といった3つの選択肢を持たれていました。

資金相談を進めるにあたり、一番予算が高くなる選択、

今回であれば③土地から購入を選択をした場合でライフプラン上問題がないかを確認します。

もしライフプランが成り立たないのであれば、

候補に入れてはいけないためです。

今回の相談者はライフプランから判断しても③は問題ないと判断できましたので、

候補は3つから考える事ができました。

ご夫婦の第一希望は③でしたので、土地からの探していくことになりました^^

住まいづくりでいつくかの候補がある方は、

ライフプランから判断して、どの候補でも選択可能なのかを考える必要がありますね。

2014.02.09 連棟(長屋、テラス)の建替え

今日はこんなオシャレなモデルハウスで個別相談に乗らせて頂きました。

さて、今日の相談者は、連棟の建て替えの場合でも住宅ローンを借りる事はできるのでしょうか?

と言った相談でした。

現在連棟に対しての住宅ローンを行っていない銀行がほとんどなのです。

ただ、今回は連棟を取り壊し、戸建を建てる場合ですので、住宅ローンを借りる事はできます。

注意点は越境の問題です。

自分の土地上の建物を取り壊しても、連棟でつながっていたお隣の建物は、

自分の土地境界上に残ってしまう事になります。

ようするに越境されている状態になってしまう訳ですが、この越境されている状態を銀行は嫌います。

この場合、越境しているお隣さんから、「お隣さんが建替えるときは、境界上に建てないでくださいね。」

と言った内容で覚書を銀行へ提出する必要が出てくる場合があります。

当初連棟を建てる際に既に交わしている場合もありますが、紛失してしまっている場合は、

再度交わす必要がありますので、しっかりと確認が必要となります。

2014.02.05 住宅ローン控除(ご夫婦で借りられた場合)

ご夫婦で住宅ローンを借りて、住宅ローン控除制度を利用する場合。

もちろんご夫婦それぞれで還付申告をする事になりますが、

もし奥様が産休や育休で収入が無かった場合は、

どうなるのでしょうか?

この場合、所得があったご主人のみが申告をすることになります。

そして、奥様が復帰し、収入を得るようになってから、

奥様は還付申告を行う事になります。

もちろん10年間の還付ですので、

途中から還付申告をしたとしても居住年から10年間となりますので、

年数は減る事にはなりますね^^;

住まいづくりファイナンシャルプランナー Open 9:00~17:00 Closed:土日祝 0120-414-304

住まいづくりファイナンシャルプランナー

永井 良
兵庫県尼崎市
武庫之荘6-16-18

TEL:0120-414-304
FAX:06-4962-3242

住まいづくりFPとは?

  • お客様の声
  • お役立ち情報

カテゴリーリスト

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

お問合せはこちら