2014.09.30 泉州池田銀行と京都銀行の住宅ローン比較

こんにちは。住まいづくりファイナンシャルプランナーの永井です。

先日大阪で住宅ローン相談を受けた際にこのような質問がありました。

「泉州池田銀行と京都銀行はどっちがお得なんでしょうか?」

10年固定金利で比較してみると...

10年固定金利で最優遇金利が受けれた場合、

なんと3,000万を35年返済した場合、170万も総返済額に差が出てしまいます。

泉州池田銀行は1.05%

京都銀行は1.1%

と一見、泉州池田銀行の方がお得に思えてしまいます。

でも、注意しなければいけないのは、11年目以降の優遇金利です。

泉州池田銀行は11年目以降の優遇金利は1.4%となるため、

仮に11年目以降の金利が現在の基準金利と変動なかった場合でも、

1.65%まで金利が上がってしまいます。

京都銀行は全期間優遇タイプのため、11年目以降も1.1%となります。

結果、京都銀行の方が170万も支払額が安くなります!

もちろん、35年間返済し続けた場合を想定していますので、

ご注意ください^^

コメント(0)

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

トラックバック

トラックバックURL:

住まいづくりファイナンシャルプランナー Open 9:00~17:00 Closed:土日祝 0120-414-304

住まいづくりファイナンシャルプランナー

永井 良
兵庫県尼崎市
武庫之荘6-16-18

TEL:0120-414-304
FAX:06-4962-3242

住まいづくりFPとは?

  • お客様の声
  • お役立ち情報

カテゴリーリスト

カレンダー

«9月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

お問合せはこちら