Mortgate 住宅ローン相談

住まいづくりFPでは住宅購入ライフプラン診断でお客様に合う金利タイプを確認した後、金融機関の提案に進みます。
住宅ローンは、大きく民間ローンとフラット35の2種類に分かれます。
民間ローンとは、都市銀行、地方銀行、信用金庫、JA、ネットバンクで扱っている住宅ローンの事で、金利や審査基準はそれぞれのローン商品によって異なります。
フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して融資を行う全期間固定金利の住宅ローンの事です。
よく「フラット35がお得なんですよね?」と聞かれるお客様がいらっしゃいますが、民間ローンとフラット35は単純に金利だけで比較することはできません。下記の表から分かるように、金利タイプ同じでそれぞれにメリット・デメリットがあるので、お客様のライフプランに合った商品を選ぶことが重要になります。

利用できる人 特徴 メリット デメリット
民間ローン ◆安定した収入がある
◆団体信用生命保険に加入できる
◆申込年齢内である(ローンにより異なる。申込時20~60歳、完済時75歳または80歳未満という条件が多い)
◆その他、金融機関ごとの審査条件をクリアしている
・さまざまな金融機関がそれぞれローンを用意しており、種類は多種多様
・融資限度額は、金融機関によって異なる。年収帰順と個別審査がある
・団体信用性名保険料が金利に含まれている
・事務手数料が安い
・手続きが簡単
・審査が早い
・融資額が多い
・借り換えが可能
・保証料が高い
・種類が多く、選択が難しい
フラット35 ◆70歳未満で安定した収入がある
◆日本国籍を有する(または永住許可などを受けている外国人)
◆すべてのローンを合算した年間返還金額の、年収に占める割合が一定以内
・金利は金融機関により異なる
・契約時の金利のまま35年まで借入可能
・適用される金利は審査時ではなく融資実行時(抵当件設定後)のもの
・返済期間20年以下と21年以上では金利が異なる(20年以下の方が低い)
・物件に帯する審査が厳しい
・融資限度額は、購入価格の90%かつ8000万円以内
・保証料が不要
・繰上返済手数料が不要
・保証型は扱っている金融機関が少ないが、借り換えにも利用可能
・団体信用生命保
険料が別途必要
(加入が義務づけられていないため自分で別途加入)
・事務手数料が高い
・土地のみ取得には利用できない
・審査に通常1ヵ月以上時間がかかる
住まいづくりFPは民間ローンやフラット35という括りに囚われず、お客様にベストな住宅ローンが提案できるよう、お客様がお住まいの地域にて、金利・つなぎ融資の有無・保証料・繰り上げ返済手数料などを徹底的に調査します。→どうしてお住まいの地域で調査する必要があるのか。実際に起こった例を見てみましょう。

Case1 銀行選び失敗例1

ハウスメーカーの営業マンに「当社は大手銀行3社と提携している。金利を比較したところ△銀行の金利が低いため、△銀行で事前審査を進めましょう。」と提案を受け、そのまま△銀行で住宅ローンを借りることにしました。

実際には大手銀行よりも、地方銀行の方が金利が低かった

提携ローンはハウスメーカーや不動産会社にとって都合の良い銀行を選んでいる場合があり、必ずしもお客様にとってベストな銀行でないことがあります。

Case2 銀行選び失敗例2

インターネット上で「住宅ローンランキング」と検索して1位になっていた□銀行が1番金利が低いと判断し、借りることにした。

住宅ローンランキングは、各評価会社の都合で作られていることがほとんど

住宅ローンは毎月金利が変動するにも関わらず、いつ検索しても上位の銀行は顔ぶれが同じであることが多いです。またネット上なので、どの地域でも借りられる銀行のみでランキングされていることが多く、地方銀行や信用金庫等は含まれていない場合があります。

実在する2つの銀行の住宅ローン比較表

借入額4,000万 10年固定金利 35年返済の場合 つなぎ融資必要(土地2,000万先行投資)

金融機関 優遇タイプ 10年固定 10年固定基準金利 当初固定期間終了後優遇金利 当初10年間返済額(月額)
ランキング1位の銀行 当初優遇 1.75% 2.60% ▲0.7% ¥127,431
地方銀行 当初優遇 1.10% 2.80% ▲1.3% ¥114,788
金融機関 11年以降返済額(月額) 35年間総支払額 保証料 事務手数料 つなぎ融資
ランキング1位の銀行 ¥129,663 ¥54,190,737 なし 50,000円 他社活用:50万
地方銀行 ¥120,361 ¥49,883,044 80万 31,500円 分割融資のため不要
金融機関 金利確定日 繰り上げ返済手数料 全額返済手数料 諸費用含む総支払額
ランキング1位の銀行 融資実行日 ¥0 ¥0 ¥54,740,737
地方銀行 融資実行日 ¥0 ¥0 ¥50,714,544
約400万も地方銀行の方がお得!!

(調査日 平成25年7月1日)

同じ借入額でも、金融機関選びでかなり差がでることがわかります。一生に一度の家づくり。後悔しない住宅ローンを一緒に選びましょう。
お客様の声

私は勤めている会社の提携ローンが一番お得だと考えていたため、他の銀行を調べもしませんでした。
工務店さんから「会社の提携ローンが本当に得かどうか、ファイナンシャルプランナーに見てもらった方がいい」と、永井さんを紹介頂きました。
住宅ローン調査をしてもらうと、会社提携ローンよりも地方銀行の方が安くなることを知り驚きました。
10年間で120万円も支払額が減るという事だったので、本当にお調べしてもらって良かったな、思い込みは恐いなと思いました。
ありがとうございました。

その他の声はこちら

住宅購入ライフプラン診断+住宅ローン相談:ご利用スケジュール

住まいづくりファイナンシャルプランナー Open 9:00~17:00 Closed:土日祝 0120-414-304

住まいづくりファイナンシャルプランナー

永井 良
兵庫県尼崎市
武庫之荘6-16-18

TEL:0120-414-304
FAX:06-4962-3242

住まいづくりFPとは?

  • お客様の声
  • お役立ち情報

お問合せはこちら