あなたの夢を一緒に計画します!まずはお気軽にお電話ください

永井良 ファイナンシャルブログ

2019/10/11  住宅ローン選び!良い!悪い?合う!合わない?

みなさん知っていましたか?
住宅ローンには良い住宅ローンと、 悪い住宅ローンがあるのです!!
住宅ローンの良し悪しは、
①金利
②事務手数料
③保証料
④繰り上げ返済手数料
⑤団体信用生命保険料の保険料負担や保障内容
で決まる訳ですが、 仮に、②、③、④、⑤が同じ条件の住宅ローンAとBあったとしましょう。
Aは35年固定金利で1% Bは35年固定金利で1.1% とすると、Aの方がBよりも良い住宅ローンな訳です!!!
って、そんな事はみなさんご存じですよね。
でも、なかなか比べる事って難しいですよね~~。
でも、すごく大切な事です!!
仮に借入額が4,000万だとすると、0.1%金利が上がるだけで、 完済までの利息支払い総額が約78万も高くなります!

でもでも、もっと大切な事があります!!!
それは、自分に合う住宅ローンを選ぶ事です!!!!
自分に合った住宅ローン!?って何!? と思われるでしょう。
ほとんどの人が自分に合った住宅ローン選びをしていないのが、 現状です。
それは、合う住宅ローンの選び方が全く普及していないためです!!
あなたは、変動金利と10年固定金利どっちが合っていると思いますか?
10年固定金利と35年固定金利どっちがあっていると思いますか??
ほとんどの人が応えられないのです!!
どっちが良いかは、もちろん将来の金利変動によって、変わりますが、 どっちが自分に合う住宅ローンかはしっかりと選べるのです!!

それではその選び方とは・・・

合う住宅ローンの選び方ですが、 今、あなたは2つの住宅ローンを選べたとします。
Aは、35年固定金利で金利は1.1%!!
Bは10年固定金利で当初10年間は0.7%!!
4,000万の借り入れ金額で、35年返済で借りる事は決まっています。
さて、どちらを選択しますか??
これだけではどちらがあなたに合った住宅ローンかはわかりません。
それでは、極端な話かもしれませんが、 仮にあなたの10年後の貯蓄が4,000万貯まる事がわかっていたとすると、 あなたはどちらを選択しますか??
私ならBの10年固定金利を選択します。
なぜなら、10年後に貯金で全額返済できるため、金利上昇リスクは無くなるためです。
高い金利を払うのはもったいないですよね!

要するに、合う住宅ローンを選択するためには、 自分自身のライフプランを知る必要がある訳です。
ライフプランで貯蓄の推移が予想できれば、 あなたに最も合った住宅ローンを選択する事ができます。


2019/10/01  マイホームを夫婦共有名義とするメリット、デメリット

マイホーム購入前の資金相談において、マイホーム購入時の所有権をどのようにしたら良いかと言った相談を受ける事があります。
まずお伝えする事は、マイホーム購入資金を出された方(住宅ローン債務者も含む)の名義にしないと贈与税がかかる点です。
総額5,000万だとして、ご主人様が住宅ローンを4,000万借り、奥様が自己資金を1,000万出したとすると、ご主人様は4,000万/5,000万=80%。奥様は1,000万/5,000万=20%の持ち分とする必要があります。

夫婦共有名義の相談について多く聞かれる事は、住宅借入金等特別控除制度があるためです。https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm
還付額に上限があるため、夫婦で借りられた場合メリットが出るケースはありますが、デメリットもあるため、注意が必要です。
◆メリット ・住宅借入金等特別控除制度を夫婦で受ける事で還付金額が増えるケースがある。

※住宅ローンを借りようとされている方の源泉徴収票と給与明細で、年間いくらの所得税と住民税を支払っているかを確認してみましょう。控除制度は年末借入残債×1%が所得税、住民税から還付されるわけですが、支払った金額以上が還付される事はありませんので。

◆デメリット ・夫婦共有名義とする事で、住宅ローン事務手数料、登記費用が上がるケースがある。 ・マイホーム購入時にお伝えするのは気が引けますが、将来離婚した際に夫婦共有名義の場合に揉めるケースがある。


2018/09/10  被災したら一部返済免除の住宅ローン

地震、台風で被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。

年を追うごとに自然災害によっての被害が大きくなっていますが、

私が住んでいる関西は、高槻を震源とする大阪北部地震、度重なる台風の被害が甚大でした。

停電も長期間続き、私の記憶では阪神大震災以来ではないかと思いました。

さて、このような自然災害で被災した際に住宅ローンの返済を一部補償してくれる住宅ローンがあるのをご存知でしょうか?

最大で24ヵ月分免除されます。

家屋の前回で24ヵ月分。大規模半損で12ヵ月分。半損で6か月分となっています。

もちろん補償があるに越したことはありませんが、

その分コストがかかる訳ですから、付けるかどうか?

続きを読む